コーヒーソムリエ資格

コーヒーソムリエ資格のアイキャッチ画像

コーヒーも私たちにとって大切な飲み物です。そのコーヒーの淹れ方や焙煎やコーヒー豆や道具などの知識を身に付けた人へ日本安全食料協会が認定する資格です。

ここでは、コーヒーソムリエについてまとめていきます。

コーヒーの基礎から応用まで

コーヒーは、飲み物の中でもかなり人気が高い嗜好品です。

各飲料メーカーからさまざまな種類が販売されており、さらにコーヒメーカーなどの器具の種類も多く、楽しみ方もさまざまです。

コーヒーをおいしく楽しみたいという人が増え、それを受けてコーヒーに関する仕事も増えています。そうした人たちにお勧めできる資格といえば、コーヒーソムリエです。

コーヒーの持つ様々な魅力

コーヒーは、コーヒー豆を焙煎してすり潰しを行い、お湯や水にこして作ります。

コーヒー豆の種類も豊富で、豆によっても味も変わり、ホットにするかアイスにするかでも変わってきます。

最近ではラテアートで見た目を楽しむのも流行っています。

こうした楽しみ方から多岐にわたるので、なかなか知識を体系的に得るのも大変です。

まずは基本を押さえることによって、いろいろと応用が出来るようになり、楽しみ方も今までよりも深くなり、この気分のときにはこの味が良いといった、TPOに合わせた判断もできるようになります。

そのような基本や応用知識を習得するために資格の取得はおすすめの方法です。

コーヒーに関する資格の中でも、コーヒーソムリエはとてもおすすめの資格です。

バリスタという言葉も聞きますが、こちらは資格ではなく仕事をさします。

他にもコーヒーの資格は多数ありますが、比較的取りやすく、コーヒーの基本が押さえられる内容となっています。

コーヒーソムリエで学ぶ基本としては、以下の項目が挙げられます。

  • コーヒーの歴史
  • 豆の種類
  • 豆の原産地
  • 豆どうしの相性
  • 豆の焙煎の方法
  • コーヒーの淹れ方
  • 淹れ方と味の違い
  • ラテアート
  • コーヒーカップの知識

基本から応用までを幅広く押さえられるので、コーヒーの知識がつくだけでなく、これまで以上においしく飲めるようになります。

すべてのコーヒー好きにお勧めの資格といえます。

お客さんより無知だと恥ずかしいかも

喫茶店やカフェはもちろんコーヒー専門店 、さらにはコーヒー豆の輸入業者などコーヒーに関する職種はたくさんあります。

おいしく飲むには喫茶店やコーヒー専門店だったのが、今だとコンビニエンスストアでもおいしく飲めるようになっています。

コーヒーが身近になった結果

これまでよりおいしいコーヒーが身近になってきたために、味にもこだわる人が増えており、同時に知識が増えました。

そのため、喫茶店やカフェのバイトや店員よりも特定のコーヒーついては知識が深いという人も珍しくありません。

実はお店の経営にも影響

お客さんよりも知らないとなると、店員にとっては恥ずかしいと考えるのが普通です。

このように、お客さんからのコーヒーに関しての質問に答えられないのも恥ずかしいものがあり、お店の評判にも影響します。

お客さんに満足してもらうためや客足を増したり、維持したりするためにも、コーヒーへの確かな知識が必要となってきました。

コーヒー豆だけでなく、淹れ方の細かい説明もできるよう準備が求められます。

知識はふとした時に信頼を得られるポイントとなるので、喫茶店などでの業務においては、コーヒーソムリエ資格は取っておきたい資格です。

お店の味・お店のコーヒーを出せるように

喫茶店やカフェやコーヒー専門店などで働く人の場合、知識やスキルを持っているという証明にもなり、お客さんからの信頼も高まります。

一方、一般人がこの資格を得ることは、知識を深めるためにも非常におすすめです。

豊富な知識によって、淹れ方で自由に自分の好みの味に変えられるようになるので、味も自分の好みに合わせられるようになります。

また気分にあわせて、コーヒーの濃さや苦さなどにも変化を持たせることも可能になるので、資格で得た深い知識だからこその楽しみ方もあります。

味についても、素人のレベルからお店レベルへ高められます。

コーヒー豆もこだわりを持ちはじめ、それが味に大きく影響します。さらに、焙煎や淹れ方が変わるので、レベルが上がるというわけです。

コーヒーを今までよりもおいしく作れるようになるのが、この資格の最大のメリットです。

見栄えの良い抽出方法を選ぶのもあり

コーヒーソムリエの資格の取得をしてから、コーヒー器具にもこだわりも強くなるかもしれません。

コーヒーミルやドリッパーやファルターなどの器具があり、これらの見映えは以前よりもおしゃれになっていて、インテリアにも使えそうなものも増えました。

コーヒーミルは豆を挽くときに使いますが、粗挽き、中挽き、細挽きと使い分けることで、味も変えられます。

ドリッパーも使い分けるとコーヒーの味の濃さ、薄さを変えられます。フィルターはスッキリした味わいや豆のコクも変えられるようになります。

見た目でおしゃれに見える器具も、実際には淹れ方や味に大きな影響を与えます。その影響もコーヒーソムリエの資格で習得した知識によって、道具を自在に使いこなせるようになるのです。

当記事では、コーヒーとコーヒーソムリエについてまとめてみました。コーヒー好きという方にこそお勧めの資格です。

これまでもよりもおいしく飲みたいという希望も叶います。

また、喫茶店やカフェなどコーヒーに関する仕事の人は、スキルアップのきっかけとして使えるでしょう。

趣味の範囲でも、業務に活かすときでも、コーヒーソムリエ資格は学んで損の無い資格と言って良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です