四柱推命占術士資格

四柱推命占術士資格のアイキャッチ画像

四柱推命占術とは、古くから東洋に伝わる伝統的な占いの方法です。この四柱推命占術士資格は、四柱推命戦術についての基本的な知識から占いの方法までをしっかりと理解し、他者を占うレベルまで到達できている人に与えられる資格です。

講座受講や資格認定試験の詳細については、公式ページをご覧ください。

あなたが知らない十二支を学んで

中国において古くから伝わる四柱推命占術。

権力者は、都を建てるときや、戦争時の吉兆を占うためにこの占いを用いてきました。

しかしこの占い方法は決して、ただの当てずっぽうではないのです。

四柱推命占術の元になっている陰陽道は、この世のものが全て「陰」「陽」に分かれているとされ、そのパワーのバランスをとることで良い「気」を取り込むこととしていました。風水にもその考えが応用されています。

これらの考え方は環境学や統計学の観点から見ると、とても理にかなっている考え方です。

方位学から得られる、古くからの「知恵」や自然との上手な付き合い方を上手く言い表していったものが、この占術なのです。

四柱占術に用いるのも、方位学と統計学です。中国の長い歴史の中で積み重ねられた知恵や統計から編み出された、緻密な「確率」を用いられています。

陰陽道が発展していく中で、日付や時間、方位を示すために使われていた十二支にも、

「陰」「陽」がつけられていったことが始まりです。

十二支とは、お正月によく聞く干支のこと。ね、うし、とら、う…というと、おなじみですよね。

これらが、年単位だけでなく、秒単位でも割り振られています。

四柱占術で用いるのは、この年月日を用いて、人の運勢や性格を見極める力。人が持っている数字の「気」がもつパワーバランスを見ることによって、運勢を占っていきます。

いわば、中国流の伝統的な生年月日占いと言ってもいいでしょう。

十二支に、このような割り振りがあるということは、なかなか知られていません。

四柱占術を使える、というのも、なかなかにニッチな世界へ足を踏み入れることになります。

ですが、裏を返せば、他の人のできないことをできるようになるということ。

これも講座しっかりと身につけられるとなると、興味がわいてきませんか?

より本格的で深めた内容を学べる講座

占いや中国の考え方について、まったくの初心者であるという人も、安心してください。

講座の中では、基本の「キ」から、導入として学んでいけるようになっています。

陰陽道や風水に関しては、少し聞いたことがあったり、自然と知らないうちに知識を得ていたり、そんな方も多いかもしれません。

導入部分に関しては、案外すんなりと入っていけるでしょう。

しかし、そこからグッと深い部分まで学習を進めていけるのも、この講座のメリットです。

先ほどお話しした十二支の考え方や成り立ち、占術方法についても、じっくり学んでいきます

学習を進めていくうちに、とっつきにくい話になるかもしれませんが、在宅学習で自分のペースを保って学べるのもいいですね。

何度でも立ち返って勉強ができるので、気負わずに見ていきましょう。

占術方法は奥が深く、自分や周りの人で試しに占術方法を当てはめてみることで、面白い結果になっていくかもしれません。そういった楽しみも、魅力のひとつです。

先ほどお話しした、方位学や環境学として理にかなっている、というお話も、深く理解していけるでしょう。

奥深い学びの中で、勉強の面白さそのものに目覚めるかもしれません。

専門的すぎて活用しにくいかも

字面も堅苦しいし、なんだか難しそうだし、活用できるかもわかんないし、わざわざ習って勉強しても…。

そんな考えでこれを読んでいる人も、多いのではないでしょうか?

気持ちはわからなくはありません。

しかしだからこそ、この講座の勉強には価値があるといえます。

現代社会では、「自分にしかできないことがある」というのが、非常に大きな強みとなります。

就職活動でも、このように聞かれますよね。

  • 「あなたには何ができますか?」
  • 「長所はなんですか?」
  • 「他の人を採用するよりも、あなたを採った方がいいと思われる理由はなんですか?」

ライフスタイルの多様化もあり、自分の強みや長所、趣味や特技をどんどんと活かせる人が、成功し、楽しい人生を謳歌していける時代です。

発信力や、オリジナリティも重要になってきました。

ユーチューバーやインスタグラマーがいい例でしょう。

その中で、先ほどあなたが思ったように、ブレーキをかけやすいジャンルこそ、先駆者として発掘する価値があると思いませんか?

しかも、このジャンルは、インチキのような占いの方法ではなく、古くから伝わる、かなり学術的にも整った占いの方法です。学んでいく中で、占術方法以外の知識も学んでいけます。

一度お試ししてみる価値は、あると思いますよ。

家族や職場の人の先天運が分かると便利かも

実用性ばかりを考えていても、彩りのある人生とは言い難いもの。

趣味として、楽しみの一つとして、占術方法を学んでみるのもアリだと思います。

いえ、大いに結構です。学習や新しい挑戦の本質は、人生を豊かに自分らしく楽しむことにあるのですから。

「よくわからないけど、やってみたい」
「難しそうだし、役に立つかわからないけど、でもできるようになってみたい」

そんな気持ちを大切にすべきです。

家族や職場の人に、「実は四柱推命占術が使えるんだよね」なんて言ってみたら、絶対に食いつかれるに決まっています。

「占ってみて!」と言われることもあるかもしれません。その中で、新しい人間関係やコミュニケーションの構築もできていくかもですね。

こっそり占ってみるのも、もちろんOK(笑)

生来あの人がどういう人なのか?というのを、客観的な視点からみてみることで、狭い価値観からかけていたフィルターを外す…そんな使い方も可能です。

興味を湧いてきたのであれば、資格についてもっと詳しくみてみませんか?