姿勢コーディネーター資格

姿勢コーディネーター資格のアイキャッチ画像

資格が姿勢コーディネーター資格は姿勢が健康や自律神経に与える影響や、女性に与える影響などを理解し、姿勢の改善や関連する悩み解決をサポートする力がある人を認定する資格です。

特に健康については幅広い世代が関心を寄せており、姿勢に関するサポートの充実が求められています。

ここでは、姿勢コーディネーター資格と体についてまとめていきます。

姿勢の歪みで現代病・生活習慣病に

悪い姿勢は、ただ見た目の問題ではなく、いろいろなことに多いに関連していることがわかってきました。

健康から美容までと幅広く影響があり、特に女性からの注目度が高まっていますが、これからは男性からの注目度の高まりが期待されます。

そして、姿勢の改善もこれからますます重要になりそうです。年齢を重ねるにつれて、誰でも体調をくずしやすくなり、病気のリスクが高まります。

この中でも特に注意が必要となるのが生活習慣病です。

これら悪しき生活習慣によって引き起こされます。

  • バランスの悪い食事を続ける
  • 暴飲暴食をする
  • 運動をしない
  • タバコの吸う量が多い
  • お酒を飲む量が多い

一方現代病とは、社会が便利になって生活が豊かになった反面、ストレスにさらされるようになり、その結果新たな病が発祥したものです。

これらの多くは、実は姿勢とも関係しています。

例えばスマホ使用時の姿勢やデスクワークでの姿勢が悪いまま過ごしてしまうと、次のような症状を起こします。

  • 首や肩や腰の痛み
  • ストレートネック
  • うつ病などの精神的疾患
  • 自律神経失調症
  • 内蔵機能の低下

これらは一度発症するとなかなか治りづらく、重大な病気を引き起こしかねません。

姿勢コーディネーター資格は、ただ姿勢を正して見た目をよくするだけでなく、健康であり続けるサポートとなるわけです。

姿勢コーディネーター資格を学ぶことで、姿勢と病気の関係も理解できるようになり、予防の啓蒙活動にも資格のスキルの活用場面は多いです。

正しい姿勢で自律神経も整えられる

自律神経は、脳から脊髄を通して全身へと張り巡らされています。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つがバランスよく働くと健康でいられます。

しかし自律神経にも乱れが起こり、すると以下のような症状が現れます。

  • めまい
  • 頭痛
  • 全身倦怠感
  • 胃腸の機能低下
  • 吐き気
  • 高血圧

この乱れは、姿勢の悪さも大きな要因となっています。

というのも、脊髄を通して全身すみずみへと信号がいくのですが、姿勢が悪いと信号も正しく伝わらなくなり、神経の先の臓器が正常に働かなくなっていきます。

病院へ行ってもなかなか体調不良の原因がわからず、実は自律神経が原因だとわかるまで、時間もかかってしまうかもしれません。

わかった後でも、なかなか症状改善に繋がらないケースも見られます。

正しい姿勢が一番の対策となるので、普段からの意識してください。

この意識を実践するのに、この姿勢コーディネーター資格が威力を発揮します。

姿勢をよくし、実はそれは病気の予防を兼ねていることから、この資格の持つ意義は大きいと言えます。

更年期や妊娠期の姿勢維持にも

ほとんどの女性は50歳ごろに閉経しますが、更年期とはその前後10年くらいの時期を指します。

この頃は体調も崩しがちで、いわゆる更年期障害とも呼ばれます。

ホルモンを作る機能も低下することが原因で、誰でも起こるのですが、機能低下に加えて先に挙げた姿勢の悪さによる歪みなどで、ますます症状が重くことがあります

更年期障害の治療法もさまざまですが、その中には姿勢改善も入っています。

姿勢に関して正しい知識があると、中高年に生じがちな問題のためにも、それを活かしたアプローチが可能となります。

幅広い年齢層に役立つのもこの資格の特徴です。

また、妊娠した女性のためにも姿勢の知識は有効です。妊娠中は姿勢の基本は以下です。

妊娠初期の立ち姿勢
背筋をまっすく伸ばし、猫背や反らないようにします。胸もはってお腹を引っ込めます。
妊娠初期の座り姿勢
深く座り、背筋を伸ばして座ります。

どちらも反らないようにしていますが、妊娠後期になってくると、反った姿勢の負担が大きくなり、腰痛になりがちだからです。

産後も赤ちゃんを抱っこするときにも、反ってしまうのは望ましいとは言えず、腰痛の引き金になります。

資格で得られた知識により、こうした姿勢ついての適切なアドバイスも可能になり、妊娠時期ならではの姿勢の悩みにも答えられます

キレイに見られる姿勢コントロールを

姿勢の崩れは見た目にも大きく影響します。実年齢以上に老けて見られたりします。女性はスタイルのくずれにも繋がりかねません。

そこで、姿勢コントロールの出番です。

姿勢コントロールは筋肉トレーニングとは違うため、体力に自信のない女性でも簡単に取り入れられます。

ポイントとしては、次があります。

  • 首筋を伸ばす
  • 骨盤を伸ばす

ポイントもまずは絞って、続けていくことです。

それによって、キレイに見られるようになり、またバストアップなどスタイルのアップにもプラスです。

どのようにコントロールするかも、資格を学ぶことで、方法や流れも習得できます。

なお、資格取得をする際には、自身も体験するので、いろいろなポイントも見えてきます。

ジムインストラクターには、この資格取得は利用者の目的達成のスキルや理論として利用場面は多いです。

姿勢コーディネーター資格は、今後もいろいろな場面で求められる知識なので、取得をして損はないでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です